20代の転職はIT業界へ

 @IT自分戦略研究所によると、web業界では20代後半から30代前半にかけての中途採用を積極的に行っていることがわかりました。この理由はどこにあるのでしょうか?

 

供給不足、需要過多

 まず一つ挙げられるのが、スマートフォンの爆発的普及により、アプリ開発などのエンジニアの供給不足、需要過多が起きていることです。これにより、いくらでもアプリを作ってもらいたいと考える企業が続出し、そのために積極的にエンジニアなどを採用する流れが生まれたのです。

 

 ネットワークエンジニア、社内SE、webデザイナーなど、多くの企業で求められる人材が不足気味であることも中途採用を盛んに行っている理由のひとつとしてあげることができるでしょう。ネットワークエンジニアは求職者側のキャリアアップにも繋がる、エキスパートの領域ですので人気があります。社内SE、webデザイナーもあらゆる企業が必要とする人材で、しかも人材が足りていないのが現状ですので求人が大変に多く掛けられてる職種でもあります。なぜ人材が足りないのかと言えば、市場が急速に拡大したことによる需要過多が起きているからです。ですので、転職を目指すならwebデザイナーの勉強をして、肩書きを持ってからでも遅くはありません。

 

強い追い風

 今、20〜30代前半に掛けての転職先として、IT業界に非常に強い追い風が吹いています。スキルさえあれば転職を重ねても気にされない業界でもありますので、精神的な負担を減らし、良い職場環境で仕事をしたい人にもオススメの業界です。